更に進化した次世代型CCFL aisaveアイセーブ で明るい未来を創造

サンゾン株式会社|更に進化した次世代型CCFL aisaveアイセーブで明るい未来を創造

電話:050-5867-8681

営業時間:平日 AM9:00 〜 PM6:00

脅威の除菌消臭効果!
CCFL蛍光灯アイセーブ aisave 40W形メディカルイオンで未来を創造


aiSave アイセーブ メディカルイオンはマイナスイオン搭載で除菌消臭 花粉やPM2.5、タバコの臭い、下水の匂い、インフルエンザウイルスを抑制します。

aiSave strong アイセーブメディカルイオン

CCFL蛍光灯アイセーブ40W形ストロングにマイナスイオン発生モジュールを搭載した「アイセーブ メディカルイオン CCFL」です。点灯と同時に62万個/cm3以上のマイナスイオンを発生させ天井からシャワーの様に効率的に拡散させることが可能です。天井に取り付けるメディカルイオン CCFLの本数を増減することでマイナスイオンの濃度を調整してお使い頂けます。本製品は日本機能性イオン協会においてJIS規格(JIS B9929)「空気中のイオン密度測定方法」でイオン密度の測定を行い、正式にクラス5と認定されました。チラツキやブルーライト問題も無い上、照明環境に不可欠な視認・視作業性や労働安全衛生、居室快適性といった”光の質”にこだわりました。更にEMC規格準拠で医療施設の精密機器やシステムに傷害を与える電磁波ノイズを出しません。

アルミ筐体
直管球の照射側にガラスの250倍強度の透明ポリカーボネイト、背面には凹凸アルミを採用する事により放熱性を高め、内部電子部品の劣化を軽減し、直管球の経年劣化による変形や表面ポリカーボネイトの変色を防いでいます。

スーパーナノ反射板
アイセーブCCFL蛍光灯「ストロング」は、高反射率のスーパーナノ反射板を直管球の中の冷陰極管の真上に備えています。上部へ出た光を98%の効率で下方向に跳ね返す、劣化も少なく「保守率1」という考え方です。

マイナスイオンについて 滝や森林など清廉な場所ではマイナスイオンが多く、都会等の空気の汚れた場所ではプラスイオンが多く存在しています。マイナスイオンは空気中のプラス分子(ホコリ・チリ・カビ等)と結合して下に落ちます。一般的にマイナスイオンの効果には生活臭やタバコ臭などへの脱臭効果、タバコの煙等を構成する粒子やアレルギーの原因となる花粉やホコリ(PM2.5等)微粒子を包み込み抑制する効果、インフルエンザの感染予防、静電気抑制効果、身体のリラックス効果などが知られています。
※マイナスイオンの効能効果は一般論であり本製品での効果を保証するものではありません。

導入事例・実績
アイナ メディカル CCFLは、医療施設、福祉施設、アミューズメント施設、スポーツクラブ、店舗、レストラン、ホテル, 地下街、動物飼育施設など幅広い分野で導入されています。

マイナスイオン Q&A

Q. 本製品はどのようなときにマイナスイオンが発生しますか?
A. 本製品はCCFL蛍光灯が点灯すると同時にマイナスイオンが発生します。マイナスイオン発生モジュールは単電極タイプの放電方式です。

Q. 蛍光灯にマイナスイオン発生モジュールが付いているメリットは何ですか?
A. 通常の床置きタイプの空気清浄機ですと、吹出口から発生したマイナスイオンは、すぐに床に落ちてしまいます。 そのため送風機能によって遠くまで飛ばしている機種が大半です。 蛍光灯にマイナスイオン発生モジュールが付いていると 天井からのシャワー効果が期待でき、より自然にマイナスイオンを浴びる事が可能です。また必要な箇所に移動したり、増設が簡単で場所も取りません。

Q. 自然界ではマイナスイオンはどのくらいありますか?
A. 通常の滝周辺のマイナスイオン数は約2000~3000個/cm3程度(ナイアガラの滝は100万個/cm3)と言われています。また森林や草原からは約400個/cm3程度観葉植物「虎の尾」は葉からは約100個/cm3程度、竹炭や備長炭からはマイナスイオンはほとんど計測できません。

Q. 本製品のマイナスイオン数 62万個/cm3は、他社製品と比べてどうでしょうか?
A. 本製品は日本機能性イオン協会でJIS規格の測定方法に従って、マイナスイオン数を測定しております。多くの他社製品はJIS規格の測定方法では無く、独自の方法で簡易なイオン測定器を用いた自社測定です。弊社でも本製品の自社測定を行いましたが吹出口でのマイナスイオン数は3000万個以上、50cm離れたところで400万個以上のマイナスイオン数を計測しました。尚、日本機能性イオン協会で過去に調べた他社製マイナスイオン空気清浄機の参考例として I社製品:約25万個:22800円 , L社製品:約55万個:59800円, T社製品:約19万個:14000円があります。

Q. プラスイオンやオゾンなど有害な物質は発生させませんか? 
A. 本製品は単電極方式ですので人体に有害なオゾンの発生量は0.001ppm以下と殆ど発生させないので安全です。 また本製品はプラスイオンの発生量がゼロであることも日本機能性イオン協会のイオン測定で確認しています。他社製品では場合により双電極方式であるがゆえにプラスイオンやオゾンを発生させる製品もあります。

Q. メンテナンスは必要ですか?
A. 定期的にマイナスイオン発生モジュール先端部の毛先を軽く湿らせた上で拭き取り清掃した後に空拭きをすると機能を効果的に持続させることが可能です。※必ず電源を切ってから行って下さい。

左図はアイセーブ40W形ストロングのクリアカバー(T)の場合の配光曲線と照度分布データです。データ上でも十分な配光角度がありますが、実際の光の広がりはデータ以上に感じられます。電車内の壁広告など横方向や天井にも十分な明かりを配光したい場合は光拡散カバー(TD)タイプのカバーを選んでください。さらにすべて均一に同じ明るさを配向したいなら乳白カバーを選択してください。 選択PCカバー色により直下照度の減退は、クリア:100% 乳白:70% 半乳白:85~90%です。

アイセーブ40W形ストロングは器具光束1600lmでありながら、当社LED比(全光束2300lm)の商品に匹敵する空間の明るさ感を実現しています。明るさ感とは「演色性が高い」ことや「視感輝度」が高いことで感じられ、人間の生理的な「明るさ」のことを表わし、実際にはこれに数値では表わせない心理的な要素も加わってきます。尚、輝度というものはまぶしすぎると不快な「グレア」となり、適度であれば華やかなきらめき感となります。LEDはグレアが強く、CCFLはキラメキ感が強いのです。それが「明るさ感」と言われるものです。 現在お使いの白色蛍光灯から3色波長のCCFL蛍光灯に替えるだけで同照度で1.4倍も明るく感じられるといわれています。

アイセーブ40W形ストロングは器具光束1600lmでありながら、当社LED比(全光束2300lm)の商品に匹敵する空間の明るさ感を実現しています。明るさ感とは「演色性が高い」ことや「視感輝度」が高いことで感じられ、人間の生理的な「明るさ」のことを表わし、実際にはこれに数値では表わせない心理的な要素も加わってきます。尚、輝度というものはまぶしすぎると不快な「グレア」となり、適度であれば華やかなきらめき感となります。LEDはグレアが強く、CCFLはキラメキ感が強いのです。それが「明るさ感」と言われるものです。 現在お使いの白色蛍光灯から3色波長のCCFL蛍光灯に替えるだけで同照度で1.4倍も明るく感じられるといわれています。

CCFL照明の特徴

CCFLの光はLEDに比べて、光が柔らかく、目に優しい自然な色合いで、長時間、照射にさらされても目が疲れにくい特長があります。まず白色蛍光灯やLED照明にあるようなチラツキ(フリッカー)が全くありません。次にCCFLから出る光の波長にはLEDにあるようなブルーライトの問題がありません。逆に動植物に必要な遠赤外線中の育成光線が含まれている事も分かっている温かい光の波長です。白色蛍光灯に比べ1.4倍も明るく感じられる3波長の光の質です。またLEDや水銀灯にあるようなグレア(まぶしさ)が少なく、きらめき感のある快適な光です。

長寿命50000時間経ってもまだ使えます。 使用開始時の全光束を低めに設定することにより電極の劣化を抑え、冷陰極管の長寿命化を図り、光束維持率を高く維持することで他社CCFL40000時間を凌ぐ50000時間の長寿命に設定しています。またそれ以上の時間でも使用が可能です。 ちなみに白色蛍光灯の1m直下は370Lux、アイセーブストロング1m直下530Luxの70%は370Luxです。

aiSave BW-CF020Mメディカルイオン 仕様

タイプ
40W形
型  番
SNZ-CF020M-X  X=クリア[T], 乳白[D],半乳白[TD]
色 温 度
3000K / 5000K /6000K
全 光 束
1600 lm ± 5%
照度(1m直下)
530 lux ± 5% *1
演 色 性
Ra 82~86 (色温度による)
電源電圧
AC90~264V 50Hz/60Hz
消費電力
20.5W ± 10%
配光角度
220度
効  率
99.7 PF
CCFL寿命
50,000時間 *2
仕様環境
0℃~40℃
寸  法
Φ30 x 1198mm(最大部Φ32mm)
質  量
390 g ± 10%

メーカー保証:3年(マイナスイオン発生モジュールの保証期間は1年です)

※ 選択PCカバー色により減退 クリア:100% 乳白:70% 半乳白:85~90%
※ 製品寿命は設計予測値です。その他、寿命は使用環境により異なります。
※ 製品を改良し続けるため予告なく変更部あり
※ 口金は回転式では有りません。

製品ラインナップ(カタログ)

aiSave総合カタログVol.1

aiSave総合カタログVol.1

CCFL照明aiSaveアイセーブのパンフレットを1冊にまとめた総合カタログです。CCFLについてやLEDとの比較の話、シミュレーション等の説明も詳しく載っています。

aiSave 20W/40W ストロング

aiSave 20W/40W ストロング

CCFL蛍光灯アイセーブの20w形(580mm)、40w形(1198mm)の直管蛍光灯タイプで、CCFL管を2本使用した標準タイプです。低消費電力で非常に明るい3世代目のCCFL蛍光灯(他社は2世代)です。

aiSave 20W/40W シングル

aiSave 20W/40W シングル

CCFL蛍光灯アイセーブの20w形(580mm)、40w形(1198mm)の直管蛍光灯タイプで、CCFL管を1本使用したシングルモデルです。鋭角モデルは直下のみに非常に明るい設定で範囲を限定して照らしたい場所や高天井に向いています。広角タイプは明るさをそこまで必要としない場所(倉庫、機械室、間接照明)に向いています。

aiSave 20W/40W 
メディカルイオン

aiSave 20W/40W
メディカルイオン

CCFL蛍光灯アイセーブの20w形(580mm)、40w形(1198mm)の直管蛍光灯タイプで、CCFL管を2本使用した標準モデルに「マイナスイオン発生モジュール」を搭載しています。主に喫煙室、キッチン、トイレ等に有効ですが、プラスイオン(花粉、PM2.5、ウイルス、菌、虫)を抑制するので各部屋に数本配置することで居住快適性が向上します。

aiSave 110W ストロング

aiSave 110W ストロング

CCFL蛍光灯アイセーブの110w形(2367mm)の直管蛍光灯タイプで、CCFL管を4本(もしくは2本)使用した標準モデルです。わずか56Wの消費電力で圧倒的に明るい直下1200Luxを達成し、他社CCFL(600Lux)やLED110W形の性能を凌駕しています。

植物栽培用 aiSave アイセーブプラント

植物栽培用 aiSave アイセーブプラント

CCFL蛍光灯アイセーブの40w形(1198mm)の直管蛍光灯タイプで、CCFL管を1本した鋭角タイプ、もしくは2本使用した広角タイプに「植物栽培に適した赤5:青1のバランスの波長の特殊な蛍光管」を搭載しています。

aiSave CCFL ダウンライト

aiSave CCFL ダウンライト

CCFL照明アイセーブのダウンライトです。直径150mmの天井穴に収まるサイズです。薄型で省スペースで埋め込みが可能です。

aiSave CCFL 600角
パネル型シーリングライト

aiSave CCFL 600角
パネル型シーリングライト

CCFL照明アイセーブのパネル型シーリングライトです。600mm角の天井穴に収まるサイズです。薄型で省スペースで埋め込みが可能です。また吊り下げ、直付けなど様々な取り付け方法が選択可能です。

CCFL/LED蛍光灯専用の
ベースライト FN灯具シリーズ

CCFL/LED蛍光灯専用の
ベースライト FN灯具シリーズ

CCFLやLED蛍光灯専用のベースライト照明器具です。安定器は内蔵していません。スリムでスタイリッシュなデザイン、コストを重視した低価格モデルです。